フレッシュプリキュア! 第23話 『イースの最期!キュアパッション誕生!!』 感想

最近の男ものヒーローより汗くさく熱いヒーローもの、それがプリキュア










                   /\        /\
                   /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                  丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                 / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 -┼-   丿~~~|     / / ̄ ̄√___丶 ̄ ̄\  ::::|             ■ ■
 -┼-   /~~~~/ ━━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|━━━━━━  ▼ ▼
  .|       丿      | .:::::.  ..: |    |ヽ       ::|            ● ●
                | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
              / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
             / / \:    ト--^^^^^┤     丿 \\\ \\\








という訳で、のばしにのばしたキュアパッション誕生です!!!

いや、イースの心情を子どもものながら凄い丁寧にやってくれた証拠なんですけどね!
今おもえば、子ども向けで暗くやりすぎたりシリアスにしすぎると、
子どもが楽しめない。その制約の中で上手くバランスとれていたと思います。










そんな訳で前回正体バレして、
ラブもせつなも葛藤しまくりなんですが、
そこは正統派ヒーローを受け継ぐプリキュア



最後は拳と拳で語り合いました。










関智と秋山さんがスタンドとして叫びあってもおかしくない空気の中、
鬱鬱とした気持ちを拳にのせて全て吐き出したおかげで、
せつなはせつなである事に覚悟ができました。



「どんな事にでも幸せを感じれるお前がうらやましかった!!!」




暑苦しいw
長い葛藤の時期があったからこそ映えるセリフですな。

今までは情景描写で心理を表していたけど、
最後はやっぱり吐き出させる事でヒーローものらしくなりますね。
最後まで渋くやりすぎるとちょっとヒーローものとしては暗すぎる。











ラビリンスは揺り篭から墓場まで管理されている。



ガチなSFぽい管理国家ラビリンス。
おそらく試験管ベビーで、ソニータイマー内臓なんだろうなぁ。
ウェスターやサウラーもイースもこの仕組みを知っていることから、

自分の生命の権利さえも委託する事に疑問さえ感じていない。






これは本当に今年のプリキュアの下クールはハードな展開になりそうですな。
まぁ、子ども向けなのでそこらへんはいい塩梅にこのスタッフならやってくれそうですが。

ラブたちがラビリンスに勝つには、
単純にラビリンスを倒すだけではダメで、
彼らの「全てを管理する事で得られる秩序」を、
どう否定するか
にかかっていますね。




こうした思想のぶつかりあいも近代ヒーローものでは必要な要素。
ていうかそこを適当にすると、説得力の無いヒーローになってしまう。








寿命を知り、悲痛の覚悟で戦いに挑むイース様は、
なんとなくアポロガイストを思い出しました。

のちのキュアパッションのシルエットも似てるしねw
羽かざりっぽいのとか。






イースの寿命がラビリンスによって尽き、
イース絶命か?
と思ったところで、今まで沈黙していた赤のアカルンが登場。

「悪の力で見つけられなかった。」



元々、イースはプリキュアの資質を持っていたのだけれど、
彼女自身が光の心を閉ざしてしまっていたから見つからなかった。



プリキュア=ヒーロー
とは、
与えられる力は必要条件にすぎず、
選抜される要素である正義の意志の萌芽だけでも足りず。

その本人の正義の意思が揃ってはじめて十分条件という事なんですな。




自発的な意志>強い正義の意志の潜在要素>与えられる力










こうして自分の過ちを見据え、自分の幸せを感じる事に勇気を持ち、
キュアパッションとして覚醒した東せつなですが。



「わたしはプリキュア。もうラビリンスには戻らない。」
「人々を不幸にしたわたしがお前たちと一緒に戦う事はできない。」




と、自分の犯した過ちを背負い、ラビリンスとも、ラブ達とも距離を置いたせつな。
アレだけ悪事を行ってきたせつなが急にラブ達とワイワイやりはじめたら、
うーむと考えていたのですが、やはり一歩退き、償いの為に孤軍奮闘するつもりなのでしょうか。




ストイックな贖罪の為のダークヒーロー

というのは私の好物ですが、
幸せを感じる事の喜びを知ったせつなだからこそ、
幸せを奪ってきた事への自責の念が強いんでしょうな。






個人的にはこのまま孤独ヒーロー路線もいいのですが、
それだけではラビリンスというハードなテーマを相手にするには足りない。
単純にワイワイするのも、ずっと罪を引きずるのも微妙。
ここからラブとせつなの関係性を描くバランスはさらに難しくなりますがどうなるか期待ですね。



まぁ子ども向けなので暗くなりすぎずに過程は消化する程度で十分だと思いますがね(^^;

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

フレッシュプリキュア 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
Excerpt: オープニング後のコマーシャル。いきりネタバレ全開でちょいズッコケw イースがキュアパッションなのは周知の事実だけど、とは言えここは事実確定後に流した方が、理にかなうスマートなやり方ではないのだろうか。..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2009-07-15 17:16

フレッシュプリキュア! #23 イースの最期!キュアパッション誕生!!
Excerpt: 三角くじを使い果たして後がないイース。 1ヶ月以上引っ張ったキュアパッションいよいよ登場です。
Weblog: 在宅アニメ評論家
Tracked: 2009-07-15 17:43

フレッシュプリキュア!第23話 「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
Excerpt: 今回の回想シーンで出てた、初めの方のせつなの美少女っぷりがやばいね。あの白いワンピースと帽子はもう着ないんだろうか…。   久しぶりにまともに西さんと南さん出た。西さんはイ..
Weblog: R~
Tracked: 2009-07-15 18:02

フレッシュプリキュア! 第23話 「イースの最後!キュアパッション誕生!!」
Excerpt: 拳で語り合う少女たちwww
Weblog: 真面目に働くアニオタ日記
Tracked: 2009-07-15 18:31

【フレッシュプリキュア】 第23話 ~イースの最期! キュアパッション誕生!!~
Excerpt: とうとう、キュアパッションの登場しました。 でも変身シーンはなかったですね。 「せつな、こころから幸せを望んでいる人にしか見つけら...
Weblog: アニメ研究所
Tracked: 2009-07-15 20:39

フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」
Excerpt: サブタイですでにネタバレwww 自重しないCM最高www OP後1発目が映画、その後もおもちゃの宣伝で パッションでまくり(^_^;) 必殺技バラしてるしw ネタバレゴーゴーで今後も..
Weblog: のらりんクロッキー
Tracked: 2009-07-15 22:18

まごころを、君に(Fプリ23話)
Excerpt:  今回Fキュアは、「イース」との決着編。  前回ラストで知った衝撃の事実に、打ちひしがれるラブやん。しかし、美希たんの叱責で目覚めた彼女は、自らの想いを伝えるべく、そして全てのケリを着けるべく彼女の..
Weblog: 球心庵・秒殺フリートーク場
Tracked: 2009-07-16 11:01

フレッシュプリキュア! 第23話「イースの最期!キュアパッション誕生!!」感想
Excerpt:  4人目のプリキュア、キュアパッション誕生!!予想通り、せつなでしたが手放しで喜
Weblog: スターライト☆ステージ
Tracked: 2009-07-16 21:01

◎フレッシュプリキュア!第23話「イースの...
Excerpt: イースの正体がセツナだとわかる。セツナは撤退する。ラブは、家で泣き明かしてた。この展開、スプラッシュスターのカオルお姉さんとミチルお姉さんのときに似てる。ミキたんがラブ...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2010-09-20 19:11